読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自費出版と企画出版

起業

出版企画が舞い降りる

f:id:dgcsr1802:20170104235231j:plain

私は、前職銀行員、現職講師なのですが…

銀行員時代に出版社に持ち込んだ小説案が2年の時を経て、花を咲かせたみたいでして、持ち込んだ時点では結局、出版まで話がいかなかったのですが

先日、2年越しに電話があり、見事、出版契約に至りました。

小説を書くことの大変さ

そんな私ですが、小説案を持ち込んでおきながら、今までに読んだ小説の量はおそらく5冊以下。

とんでもない状態で小説を書き始めることが決定してしまったのです。ちなみにこれは、自費出版と企画出版でいうならば、どちらかというと自費出版に近い形になります。全くの0円で出版するのではなく、出版社の方にもある程度予算を出して頂き、こちらもある程度お金を出費して出版するものです。

私自身は、もう1人、1個上の先輩と小説を執筆しているので、なんとか頑張れておりますが、

本当に世の中の物書きの方というのは、「すごいなぁ」と改めて感じる日々です。

ジャンルとしては、ショートショートを書いていますが、ショートショートですら話の構成の辻褄、時間軸等を合わせるのは大変です。

描いている間は、ん?あれ?の連続です。

小説って感覚で書くものだと思ってましたが、論理的、理系思考がないと書けないというのは少し意外でした。私だけですかね?笑

まぁ、なので、こういったブログ等でも練習をしながら徐々に文章力を鍛えているわけでございます。ブログの文章の書き方と、小説の書き方が全く違うのは言わずもがななのですが。

出版と引き寄せの法則

そもそも、出版に至ったのは何故かなぁと考えた時に、1つ思いつくこととしては

ずっと思い続けていた

ということです。

僕は赤いノートを使っているのですが、そこには自分の夢だけを書いています。

・年収3000万円。資産3億円になる。

・飲食店のオーナーになる。

・本を出版し、ミリオンセラーを記録する。

などなど…

どれも普通に考えれば達成できるわけねぇだろ!!

と突っ込みたくなるものばかりなのですが、徐々に近づいていたり、小さな願いについては叶いつつあります。

そんなことに最近気づいて、ネットで調べてみると見つけた言葉が

引き寄せの法則

でした。これは、ずっと願い続け、想像し続け、言葉に出していくことで

その夢に自然と近づき、だんだん叶えられていくというような法則です。

引き寄せの法則という言葉自体はとてもいかがわしい?というか、怪しさ満点なフレーズなのですが、なんかこれは本当だと思います。まぁ冷静に考えて、強く願わないことには叶わないのは当たり前ですもんね。

ということで、私の今年の目標の1つは

「個人の力で毎月100万円稼げるようになる。」

でございます。

普通に考えたら、絶対無理ですが、1度、強く信じ、行動してみようと思います。その為には、インプットとアウトプットの繰り返しに尽きますね。日々、行動。行動。

実践引き寄せの法則 [ エスター・ヒックス ]

価格:1,836円
(2017/1/5 00:14時点)
感想(23件)