もしも、人生をやり直せるとしたらどうする?~人生を変える読書~

もしも人生をやり直せるなら

f:id:dgcsr1802:20161221153301j:plain

85歳のおばあさんが、「もしも人生をやりなおせるならどうするか?」ということを綴った本を先ほど読みました。

この本は、絵本になっているので、だいたい1分もかからず読み終えてしまいます。しかし、とっても良い本なのは間違いありませんでした。

楽天ブックスは品揃え200万点以上!

おもしろい人生を生きたい!人生は日々ネタづくり

僕がこの本を読んで、思ったことは、ただ1つ。

「あぁ、もっと肩の力抜いて、おもしろくいきたいな~」と思いました。

おもしろくっていうのは、なんでもかんでも生真面目に取り組むんじゃなくて、いろんなことに挑戦して、いろんな場所にいって、いろんな体験をして、いろんなものを食べて、めちゃくちゃ失敗して、めちゃくちゃ成功するというようなイメージです。

まぁ、もっと端的にいうなら、毎日が全く違う人生ですかね。

今のところの僕の人生というのは、平均よりも確実にストーリー性には長けているとは思うのですが、まだまだ序の口だなーと思いました。

これと関連して、もう1つ。

先日、back numberの清水依与吏さんがA-studioにでており、こんな素敵な言葉を言っておりました。

「僕は、一生ヘラヘラして生きていきたいんですよね。」

人によってはどこが素敵なの!?という感じかもしれませんが、僕には非常に響きましたね。べつに社会的成功とか、高い年収とか、世間体とか、人間関係とか、そういったものに雁字搦めになる必要はどこにもありません。

もっとヘラヘラと楽しく、人生を過ごしたいものです。

そのためには、最低限のマネーストックをしなくては。そして、お金が入ってくる仕組みを構築しなくては。と、日々結局格闘しております。笑

では、では。

1000万円の年収の男

年収1000万円

f:id:dgcsr1802:20161219181615j:plain

年収1000万円…

いい言葉の響きですね。

誰もが憧れる、夢見る年収が、この1000万円ではないでしょうか。

 

年収1000万円ってどうやったらなれるの!?

誰もが憧れることの1つだと思いますが、どうやったらなれるのでしょうか。私が前に勤めていた銀行という業種の場合、年収1000万円に届くのは、早くて、40歳後半くらいでしょうか。メガバンクだと、もっと早いでしょうが、地方銀行だとこれでいい方ですね。それくらい尊い年収です。

なので、サラリーマンで年収1000万円を稼ごうと思ったら、大学を卒業し、会社に就職し、だいたい20年間務める必要があるということです。

では、フリーランスの場合はどうなるでしょうか。

 

フリーランスの稼ぎ方、考え方

サラリーマンとフリーランスでは稼ぎ方への考え方、アプローチが全く違います。フリーランスの場合ですと、まず時間軸はあまり問題ではなくなるでしょう。その代わり、大事になってくるのは、規模です。

例えば、1000万円を稼ごうと思った時、

ほとんど元手も原価もかからない商売だとしましょう。(例えば、ライターやアフィリエイト、メルマガなど)

そうすると、1000人の顧客がいた場合、この人達一人ひとりに年間1万円を払ってもらえるビジネスをもっていればいいわけですね。

年間1万円のサービスということは、

月間に直すと、

10000÷12≒833

ということで、月間だと833円払ってもらえるビジネスモデルをつくれればいいというわけです。現在、あれだけの量の雑誌が読めるdマガジンが400円くらいなので、dマガジンの倍以上の価値をもつサービスを提供する必要があるということですね。

うーん。難しい。

ただ、全国で1億3000万人いるわけで、それだけいるうちのたった1000人に刺さればいいので、そこまで難しいことでもないと、僕は思います。

発想が全て。発想というのは、価値観が全てですね。では、今日はこの辺で。

 

今年の漢字、金について

今年の漢字「金」

今年の漢字が、金になりましたね。どうやら、3回目だそうです。

なんだそれ…

と、思ったのですが、これって毎年漢字検定協会が一般公募の多数決で決めているそうですね。

ならば、仕方ない。

 

それはそうと、リスクマネジメントについて

さて、今日はリスクマネジメントについてひとつ書こうと思います。

世の中、リスクとリターンの関係で成り立っていますよね。リスクが高ければ、リターンは大きい。リスクが低ければ、リターンは小さい。

リターンは大きくしたいけど、リスクは小さくしたい。

こういったとき、何を基準に判断をすべきか?

皆さん、何度も迷ったことがあると思います。

fxトレーダーにとっては、毎日がこの戦いですね。まぁ、fxに限らず、投資家は皆そうなのですが。

更に、投資家でなくても、人生は選択の連続なので、いろんなところでこういった迷いを抱くことだと思います。どうしたら、いいのでしょうか。皆さんのヒントになることをひとつ書ければと思います。

 

判断基準は、取り戻せるかどうか

受験、就活、結婚などなど…

人生の中には、大切な選択がいくつかあります。

この時に1つ、判断基準として考えて頂きたいのは

「取り戻せるかどうか」です。

これの最たる例が、お金と時間になるでしょう。

お金を失うことというのは、少し失うことだと思います。なぜなら、お金はあとで稼げば取り戻せるからです。

では、時間はどうでしょうか?

無駄に過ごした時間というのは、過ぎてしまえば、もう一生取り戻すことはできません。口から吐いた言葉は、もう二度と取り消すことはできません。

取り戻せないということは、未来を失うということです。

つまり、大きく失うことだと思います。

 

是非、今日から、毎日の選択の判断基準にひとつに加えてみてください。

では、では!!

 

起業を目指す方へ・・・20代MIT卒DropBoX発案経営者の素晴らしいスピーチ

お久しぶりです。

 

ここ最近、めちゃくちゃいろんなものと戦っておりまして、更新が滞っておりました。まぁ、いろんなものといっても、しょぼい戦いなのですが…笑

そして、大きな失敗もしました。fx関連です。これについては、また後日書きますね。

 

さて、いきなりですが、

僕は、将来的に起業をし、会社を売却し、そのお金で企業を買い、また売却し、それまでの経験を本にして出版し、講演なども行いながら、今度は2年のバカンス旅行に旅立ち、また帰ってきて、3店舗くらいの飲食店をオーナーとして所有しながら、次は若い経営者を育てる立場になり、リタイアしてからはその子達の店を回りながら、のんびり暮らす。

 

という夢物語を目指しているわけなのですが、この目標に対して自分の努力と力量が圧倒的に低いことを痛感している日々です。そんな中、youtubeを見ていると、こんな動画を見つけました。

www.youtube.com

 

これ、見られたことある方いますかね?

 

ホリエモン近畿大スピーチとかも有名ですが、これもかなり良いスピーチだと思いました。

「大事なのは、計画ではない。行動だ。」というメッセージがすごく伝わってきましたね。物事を学ぶのに、一番早いのは、とにかく自分がやってみることだと。

まさに、その通りですね。

また、和民の渡邉さんは、こう言っています。

「夢に日付をつけなさい。」

 

起業をして成功するという目標を掲げた時に、最短の道は、すぐに起業してしまうこと。そして、それをする為に、起業をする日にちを予め決めてしまうこと。

 

こういうことが大切なのですね。

では、日にちを決めようと思います。僕は現在、24歳。あと数ヶ月すれば、25歳です。

 

 

25歳中に起業を致します。小さくてもね。

 

では、では!!

南アフリカランド全く下がらない

下がらないですね。南アフリカランド

S&Pによる格下げを懸念している人達は、Sをはって、今か今かと待っているみたいですが、実は僕もそのうちの1人です。

ファンダメンタル分析はあんまり行わないので、チャートの話になってしまうんですが、過去のチャートをみた時に、今までの傾向通りいくのであれば、そろそろランドは下がるだろうなという感じです。真っ当な見方をするとですが…

実際、どの通貨であっても上がるのはかなり時間がかかりますが、落ちる時は一瞬なので、買いを持っている人は特に敏感になって構えておいた方がいいかもしれません。

明日が格付け発表とのことで、非常に楽しみです。

まぁ、僕は格付けどうこう関係なく、現在のポジション的に、ひたすら待つしかないので、ロスカットにならないよう、資金繰りの管理だけ行って、ひたすらナイアガラがくる日を待ちたいと思います。ではでは。

靴の大切さ

f:id:dgcsr1802:20161201125243j:plain

靴ってなんで大切って言われるんでしょうか?

お金持ちは総じて履いている靴が綺麗に磨かれている。

仕事ができる人の靴は綺麗だ。

靴は身だしなみの中で、最も大切である。

というような記事がたくさん出回っているのは前から知っていたのですが、

「なんで、そんなに靴が大切なんだろうな~?」

とずっと思っていた僕は、調べてみました。

調べた先にあったのは、「風水」でした!

靴が何故大切と言われるのか、それを調べていくと、「風水」に行き着きました。

どうやら、風水的に、良い運気も、悪い運気も、まず入ってくるのは足からだそうです。なので、その足を入れる靴というのは、とても大事なのだそう。

まぁ確かに言われてみれば、地面に2本足で立っているわけですから、運気は足から入ってきますって言われたら、そんな気もするような~って感じですね。

そして、風水は占いではなく、昔からの膨大なデータに基づく統計学だということも書いてあり、妙に納得感がありました。笑

あと、靴以外にも調べてみると、たくさん風水的にいいこと、ダメなことが書いてありまして、

本当にたくさん書いてあったので、まとめると、要は、古いものは捨てる。汚いもの、少し傷ついているもの、とがったもの、穴が開いたものも全て捨てる。今あるものを大切に扱う。

くらいの感じでした。

とりあえず、小さなことからやってみるか~♪

クリスマスとやらと、クリスマスソング。そして、クリスマス商戦。

クリスマスがもうすぐ、やってくる

f:id:dgcsr1802:20161130000515j:plain

クリスマスがもうすぐ、やってきますね。あと一ヶ月をきっております。こういうイベントっていうのは、本当に世間の人達を勝手に思い切り2分化しますよね笑

それは……

クリスマスが楽しめる人と、楽しめない人。

人混みの中に1人でいると寂しさが増すように、

街中がにぎやかで、盛り上がっている時というようのは、楽しめない人にとっては全てが雑音であり、寂しさを膨張させる材料でしかありません。

 クリスマスソング

もう、クリスマスソングなんて流れて来ようもんなら、それをブルーハーツ爆音イアホンで搔き消すぜ!!!ってなくらいになる人も少なくはないでしょうね。

ちなみに、僕が好きなクリスマスソングは完全にこれです。

www.youtube.com

はい、でましたー!!!

ドドド定番!!

クリスマスソングといえば、これですよね。クリスマスシーズンでなくとも、聴くだけで、気分が高揚します。

そして、クリスマス商戦

クリスマスというのは、恋人たちにとっては聖なる夜、性なる夜、ロマンチックな夜なわけですが、

別の人にとっては、商売の勝負所で、戦場だったりするわけです。

そう考えると、本当、社会って面白いですよね。

クリスマスプレゼントというのは、非常に迷うところではあるんですが、

結局、モノも大事ですが、もっと大事なのは一緒に過ごした時間だと僕は思います。

モノよりも、1年に1度しかない、クリスマスという時間をいかに素敵に過ごすか。

人にとって大事なのは、間違いなく、時間ですよね。

しかし、とはいえ、とはいえですよ。

プレゼントは素敵であるに超したことはありません笑

【ニューヨークから直接届く感動☆日本未発売ジュエリー】

皆さん、もうプレゼントの準備はお済みですか?