読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南アフリカランド

南アフリカランド爆上げ

f:id:dgcsr1802:20161129022917j:plain

南アフリカランドという通貨は利率が7%と、非常に高く、スワップ金利目的で多くの人が保有しております。ただ、金利の高さというのは、その国の情勢の不安定さと比例するので、南アフリカ自体の経済はとても不安定です。なので、十年以上長いスパンでずっと通貨価値は下がり続けており、対円相場は当初の3分の1くらいまで下がっております。

Sさえしていれば負けない通貨

新興国通貨というのは徐々に下がっていくのが常の為、新興国通貨の代表格であるランドもS(売り)をしかけて、長く待てば、必ず利益が出るということはよく言われます。

ただ、そんな南アフリカランドがここ最近めちゃくちゃ上げており、Sをしかけている人の中にはロスカットをくらった方も珍しくはない状況であります。

この相場がどれだけ続くか、というところですが、大胆予想をするならば、何のファンダメンタル根拠もないですが、もうナイアガラが来ると思います。

S勢の皆さん、あっとちょっとの辛抱です。頑張りましょう。

岐阜タンメンというお店がある

極めたるシンプルさ

f:id:dgcsr1802:20161128093453j:plain

岐阜タンメンというお店を僕が知ったのは、確か3年前くらいだったと思う。

お店に入ると、基本的にメニューはタンメンしかない。

そして、辛さ、麺の固さ、トッピングを選び、

皆それぞれのオリジナルタンメンを完成させていく。

タンメンをそのまま頼めば、650円で済むが、そんなお客さんはほとんど居ないように見受けられる。

みんな、各々の好きなトッピングをのせ、なんだかんだ1,000円くらいいってしまうというビジネスモデルだ。

「みんな一緒」から「それぞれ」の時代

丸亀製麺から始まり、歌志軒という油そば専門店だったり、ちょっと業界を変えると、子どものランドセルだったり…

最近は、「みんな一緒」という概念は弱くなりつつあり、その代わりに「ひとりひとりに合わせた。オリジナルの。」という概念が強くなりつつある。

そこに商売効率を掛け合わせると、メイン商品を1つ作り、そこにトッピングをさせるというビジネスモデルに行き着くのは自然な流れだ。

これからはひとりひとりに合わせて対応できるようなビジネスモデルじゃないと、きっと生き残れない。

1日10分でできる「考えない」投資術【タケルFXスクール】

武井壮の凄さをこんなに感じた日はない

他のアスリートとは一線を隔すその素性

武井壮さんを皆さんご存知でしょうか?

f:id:dgcsr1802:20161127233041j:plain

「百獣の王」とも呼ばれる武井壮さんは、陸上マスターズで優勝を果たしたり、陸上十種競技で世界一位になってたりと、バリバリのアスリートです。

しかし、日本の陸上選手はどれだけ実力があろうとも、なかなか日の目を見ることはないですが、武井壮さんは何故ここまで有名になれたのでしょうか。

その答えが隠された動画を発見致しました。

 

大人の育て方

www.youtube.com

一度みてみてください。

彼が芸能事務所に所属することなく、ここまで有名になった理由がすごくわかります。

やっぱり、人は努力あっての結果ですね。

 

行動力MAXにするには、今、この瞬間から行動です。

時間と根気と学び

f:id:dgcsr1802:20161127194203j:plain

人種、国籍、時代、どれだけ境遇が違っても、必ず全員に平等なもの。それが、時間と命です。

 

という、話ってよくありますよね。

 

本当にそうでしょうか。

時間ってお金で買えますよね。命については、論じるのが非常に難しいですが、命もその境遇によって、失いやすさが変わってくるのだから、平等ではないと思います。

 

平等なものなんて何1つない。

 

これが、僕の中の結論です。

そもそも、平等である必要がないですよね。べつに。

 

それよりも、大事なのは、与えられたものの中で、どれだけ踏ん張れるか。どれだけ、それを活用できるか。どれだけ、気分を向上できるか。

そういうところだと思います。

TEDで偉そうに語る人たちを見ながら、ふとそんなことを思いました。

トランプ相場と南アフリカランド

僕は銀行員だったことがあるので、相場についての知識はある程度持ち合わせているのですが、トランプ相場がここでストップとはあまり考えにくいかなというのが率直な感想です。

 

おそらくですが、円安、株高がもう一段階高いフェーズまでいって、

そこから暴落という形をとるのではないかと思います。

 

少なくとも、こっから1年半の間に。

 

いつも、みんなが予想している方向と真逆にいくのが世の常です。

みんなが「すぐ下がる。どうせ下がる。暴落だ。」と考えている今は、絶対下がりません。

みんなが、

「ここまで上がり続けているんだから、もうしばらくは安定かな」

そう思った時に、相場というのは暴落するものです。

 

一体なぜなんでしょうね。

それは、きっといつの時代も富が少数の勝ち組に集中しているからでしょう。

 

みんなが普通に思うようなことを思って、普通に行動していては何時まで経っても勝てません。

 

全力でみんなとは違う方向に走ってみましょう。

寒い冬の眠さたるや、野菜マシマシの次郎のごとし

最近、寒い日が続いておりますね。

本日はとても天気が良いですが、寒い季節は布団から出るのがめちゃくちゃ大変。

 

そりゃ、もう、30秒で反復横跳び70回ってなくらいに大変なわけですよ。

 

それでも、みんな体を起こして、学校や仕事にいく。

 

そう考えると、みんな、頑張ってますよね。

 

やりたいことがたくさんあるけど、やれていることはほとんどない今日この頃ですが、とりあえず早起きから始めてみよう。

ブログを始めてみた。

また、ブログを始めてみた。

 

いったい、これで何度目だろうか。

 

たぶん3回目?いや、4回目くらいか?

 

始めてはやめ、始めてはやめ、また始めて。また、やめる。

 

 

人間は馬鹿な生き物ですね。

確か・・・進研ゼミを始めたときも、こんな感じだったなあ。

 

ということで、これからよろしくお願い致します。