スマホから

スマホからの更新です。

またまた更新をサボっておりました。

本当に物事を継続するのは難しい。

 

本日は、久しぶりに著作の話。

原稿が最終盤として完成し、今はカバーデザインを思考してます。

 

デザインとかっていうのは、すごく難しくて、何が難しいかというと、1人でやっている場合はその限りではないんですが、2人以上の組織でやっている場合、立場に上下がないといっこうに決まっていかないんですよね。

 

デザインは数字で計れないものなので、人によって趣向は違いますし、説得もできない。

これが大変なところのひとつです。

 

だから、今は横並びの組織が理想とされる流れが生まれてきつつありますが、やっぱり身分の上下というのは必要です。

あらゆる場面において。

 

カバーデザインと帯デザインが終われば、来年5月には刊行になります。

今まで自分が成し遂げたかったことがついに達成されるとなると、嬉しい気持ちもあるんですが、一方で次は何をしよう?となっているのが最近の僕です。

 

常に何かひとつはやっていたい。

というか、むしろできることなら3つくらいは掛け持ちして進めていきたいんですが、明確なものはなくいまいちな今です。

 

昔書いたノートには、

アクセスの多いブログをつくり、

本を書き、

飲食店3店舗のオーナーをやりながら、

セミナーもやる。

というような、スーパーマンを目指すと書いてあるんですが、なかなか近づけておりません。

 

飲食店に関しては、自社で何店舗か既にやっているのですが、その数字を見ている限り、なかなか儲からない。

その割に、人の確保、在庫の管理、現金管理等結構やることはめんどくさくて、大変だなというイメージです。

 

基本的に面倒なことはやりたくないです。

絶対に続かないからです。

 

かといって、そんなことばかり言っていても全く前には進みません。

 

なので、飲食店に関しては、とにかく今、自社がやっている弁当屋をピカピカにして、3店舗貰ってオーナーになるというところを目指すことにしました。

セミナーに関しては、いろいろ結果が出切った後でないとなかなか難しいので、優先順位は最後。

 

となると、本を何かしらの方法で確実に売っていって、その傍らで弁当屋をピカピカにしていく。そして、その記録をブログにちゃんと残していく。というのがまず定石。

 

あとは、OEMとかODMでメンズ向け化粧品を作って売りたいなーという気持ちもあるんですが、これはなかなかやっても無駄そう。

 

ここについては、かなりの勉強がいります。

 

しかし、どちらにしても確実に必要になるのが製品の開発。

 

アフィリエイトにせよ、せどりにせよ、e-bayにせよ、結局やっているのは他社の製品を広告して売るだけ。

リスクが小さい分、儲けも小さく、管理も大変で、レッドオーシャン

今から面倒くさがりが参入するには不適すぎます。

 

なので、他では売れないような商品をつくることが絶対条件になってきます。

ただ、これを何にするか?

 

メンズ化粧品

レトルトカレー

ノート

ふせん

チョコ

 

この中でいくつかOEMかODMしていきたいです。

チョコはいいかもしれない。

では、では。

 

弁当屋さんの経営

怒涛の連勤で更新が滞っておりました。

 

最近、時間が空いたり、寝る前等にバナナFIREをひたすら観ている僕です。

バナナマンって話を聞いてて、全く嫌なところがなくて、

やわらかな面白さがあるので、どれだけでも観れます(笑)

そして、何より、トークが毎回全く予想できないところにいくので、飽きないですね。

 

2人とも紛れもなく天才です。

 

www.youtube.com

 

さて、今日は弁当屋さんの経営について書きたいと思います。

 

今、僕が所属している会社は複数ある事業のうちの1つとして弁当屋を経営しており、目指せ300店舗ということで、日々、頑張っています!!!

 

先日、本屋さんでこんな本を見つけました!

 

ある日突然40億円の借金を背負う――それでも人生はなんとかなる。

新品価格
¥1,599から
(2017/11/7 11:14時点)

衝撃的なタイトルに目を奪われ、思わず買ってしまいました。

 

40億円の借金!?!?!?!?!?!?

 

全く想像できない状況ですよね。

もし、仮に自分が同じ状況になったら、迷わず自己破産を選ぶと思いますが、この人は違いました。

立ち読み、斜め読み、かいつまみ読みで得たこの本の要旨としては、

「どれだけ困難な状況に面したとしても、小さなことを大切にしてコツコツとやっていけば、必ず状況は好転してくる。」

ということでした。

 

例えば、書いてあったのがお辞儀の角度です。

 

この方が経営していたのは、飲食店。

飲食店といえば、美味いかどうか?がキーポイントなのは誰でも分かります。

そして、接客が大事なのも分かりますが、

40億円の借金を背負った状態の会社で

お客様に対するお辞儀の角度まで徹底する強さはすごいと思いました。

それは利益に直結しないからです。

 

普通なら、

・原価を下げる

・人件費を下げる

・店舗縮小

・新メニュー投入

・業態変更

 

などなど、すぐに効果が表れるもの、大きな変化を出しやすいものに目がいってしまいますが、

筆者はどんな困難な状況であっても小さなものを大切にしました。

 

その結果が、40億円の借金の完済です。

 

結局大きな成果というのは、小さなことのたくさんの積み重ねでしかないということです。

 

あのイチロー選手もこんな名言を残しています。

「ちいさいことをかさねることが、とんでもないところに行くただひとつの道」

 

小さなことの大切さに気付けたような瞬間でした。

 

 

 

 

さて、弁当屋の話に戻りますね。

僕らがやっている弁当屋は、どう考えても某有名弁当チェーン店さんの弁当より安くて旨いわけです。でも、まだ全然勝ててない。それは何故でしょうか?

明らかに負けている点を列挙していこうと思います。

知名度、ネームバリュー

・店舗のディスプレイ、備品

・待ち時間

・商品のレパートリー

 

知名度、ネームバリュー➡これは後からついてくるものなので置いておきましょう。

店舗のディスプレイ、備品➡これはアイディア次第でどうにでもなりますし、ちょっとの工夫で売上に直結する大切な部分です。

待ち時間➡これも飲食業においてはとても大事。

商品のレパートリー➡もちろん大事。

 

こんなにも大事な部分でたくさん劣っているので、まだまだ負けています。

ただ、一番弱い部分が、広告です。

客数やお客様の顔ぶれを見ると、近所に住んでいるのに、来店されてない方がまだたくさん居ます。ここの開拓が必要です。

オープンと同時に半額クーポンで人が押し寄せましたが、その人たちの2度目の来店が促せていません。

ここを打開する為に、オープンからもうすぐ半年が経つ為、ちょうどいいダンピングをしないといけません。

 

その最たる例が

あみやき亭さんです。

 

あみやき亭のダンピングの打ち出し方はすごいですよね。

「焼肉半額!!」という圧倒的インパクトで広告を打つ。

それが当たり前に口コミになり、他の焼き肉屋で半額をやっているところはないので、焼肉が食べたい人はせっかくだからあみやき亭に行こうとなる。

でも、実際は10品程度が半額であり、その中でも主力商品は3品程度なので、

利益が圧縮されることはそんなにない。

そして、平日限定の半額の為、繁忙期をズラし、社員の負担を減らすとともに、人件費を効率的にまわすこともできる。

完璧な流れです。

 

ダンピングの肝は

圧倒的インパクトを持つフレーズと

緻密に計算されたダンピング内容です。

 

これを参考に、自社の経営する弁当屋について思考していきます。

では、では。

世界的大人気キャラクターの作り方

f:id:dgcsr1802:20171102103211p:image

世界的大人気キャラクターと言いますと…

 

例えば

①ピカチュー

②ミッキー

ドラえもん

④キティちゃん

⑤トーマス

 

などなどいろいろおります。

どのキャラクターも子どもから大人まで幅広く愛されていますね。

実はこれらの大人気キャラクターには共通点があるのを皆さんはご存知でしょうか?

 

・丸い

・シンプル(簡単にかける)

・猫orネズミがほとんど

 

この3つです。

 

この中でも

丸い

ということに関しては、

キャラクターを作る時の絶対条件として業界の中では有名みたいです。

 

何故でしょうか。

 

それは、人が親しみを感じやすく、保護したい、大切にしたいという気持ちが自然と働くものが丸いものだからです。

 

実際に男性よりも女性、女性よりも赤ちゃんの方が丸みをおびてますよね。

丸いというのは、それだけ人を惹きつける効果があるのです。

 

 

 

これは飲食の業界にも応用されており、各ファミレスがこぞってハンバーグをメインメニューとして出す理由の1つにも、丸いからということがあります。

ファミレスも大人から子どもまで幅広い年齢層の方が来店しますから、みんなに愛されるような商品、つまりは丸い商品を取り入れているわけですね。

 

ということで!

私も本を出版するものですから、現在キャラクターを考案中です。

おっさんサラリーマンが主人公のため、おっさんサラリーマンをモチーフにしたキャラクターを書こうと思ったのですが、今のところ書けたのはこんな感じ。

テーマ

おっさん✖︎猫

 

f:id:dgcsr1802:20171102102610j:imagef:id:dgcsr1802:20171102102641j:imagef:id:dgcsr1802:20171102102646j:image

 

1枚目が唯一マシですが、

2枚目、3枚目と進むにつれてどんどんキモくなっちゃってます。

 

キャラクターを考えるのって難しいなー。

当たり前ですが、どれもしっくりきていません。

 

誰かキャラクター描いてくれないかなーと切実に思う木曜の朝でした。 

初めてお題ブログやってみた!

今週のお題「休日の過ごし方」

 f:id:dgcsr1802:20171102002431p:image

 

献立を考えるのが面倒になった世のお母さん方と同じように、

僕も何についてブログを書くか考えるのが少し面倒になったので、本日は初めてお題ブログで書いてみたいと思います。

 

お題ブログとは、はてなブログが勝手にお題を決めてくれるので、自分はテーマを考える必要がなく、ただ与えられたお題について書けば良いという素晴らしいシステムです。

 

さて、今週のテーマは

休日の過ごし方

ということで、僕の休日の過ごし方について書きたいと思います。

 

前職では、週2日休み。

現職では、週1日休みに変わりましたが、やっぱり休みの日数が変わると、過ごし方も変わります。

 

前職時代(銀行員時代)は土日共に休みだった為、土曜日を有効活用しなきゃ!という思いが1番強かったですね。

一種の使命感です。

 

なので、別に夜更かしが好きなわけではないのに、土曜日は積極的に夜更かしをしていました。

ダーツをやったり、ビリヤードをしたり、単に飯を食ったり…

完全なるアウトドアの日ですね。

 

そして、その反動が日曜日にやってくるので、日曜日は充電をする日です。

ごろごろしながら、YouTubeをみたり、資格の勉強を少ししたり、料理をしたり、親とオセロをしたり、

インドアの日として活用してました。

 

こうして、自分の中でバランスをとって休みを取っていたのが銀行員時代です。

 

そして、塾講師となった今では休日の過ごし方は全く異なるものになりました。

 

まず、休日に休日の感覚があまりありません。

というのも、理由は僕の普段のワークスタイルにあります。

普段仕事が始まるのは基本的には昼の15:30〜でして、でも、これも出社をするだけなんですね。

実際にがっつり働き始めるのは19:30〜とかになり、そこから、22時くらいまでは結構がっつり働きます。

 

こんな生活を送っているので、たまに例外はあるものの、僕はいつでも夜更かしし放題ですし、銀行員時代と比べると、ワークデイとホリデイにあまり差がありません。ワークデイには、毎朝6時台に必ず起床していた銀行員時代とはかけ離れています。

 

なので、塾講師になってからは休日だからといって、特別に夜更かしはしなくなりましたね。しかし、それ以上に変わったのが、

ネタを探すようになったということです。

 

塾の先生といっても、ただただ勉強を教えているだけではありません。

生徒たちが飽きないように、小話をたくさんするのです。

しかし、授業は毎日あるので、どんだけネタを持っていようが驚異的なスピードそのコンテンツは消費されていきます。

 

なので、まるでお笑い芸人のように私は

どこかに面白いこと転がってないかなー?

と周りの人間を観察したり、

普段入らないような店になるべく入るようにしたりしているわけです。

 

 芸人さんの大変さが0.1%くらいは理解できたような気がしています。

きっと僕の想像しうる程度じゃないのでしょうが。

 

あーまだまだ休みまで遠いぞー。

でも、明日も15:30出社だから、今日もやはり夜更かしです。

では、では。

ホリエモンの「本音で生きる」を読んで、考えてみた

初めて携帯からの更新になります。

 

本日は、ホリエモンの「本音で生きる」をついさっき読了したので、それについて書き残しておこうかと。

 

 

本音で生きる

この本自体は、数年前に既に出版されている本で、気になってはいましたが、ちょっと前の自分には刺さらなかったみたいで、買うに至っていませんでした。

ちょうど、その頃はこういった類の本に飽き飽きしてきた頃でしたので、実用書などに目がいってましたね。

 

ただ、先日、本屋で見かけた際、

数年前にもやったようにパラパラっと読むと、何故か

数年前の僕には刺さらなかった言葉が

刺さってきます。

 

やっぱり、その時の心理状態や環境によって同じ人間でも刺さる言葉が違うものですね。

 

そして、買った「本音で生きる」ですが、

たった2日で読了してしまいました。

 

本音で生きるを読んで学んだことを、大きく3つに分けて、書き残しておこうと思います。

 

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

新品価格
¥567から
(2017/10/30 13:32時点)

①気にしない力

人間関係を気にして本音を言えなかったり、プライドの高さが邪魔をして、素直になれなかったりすることは誰にでもあることだと思います。しかし、これが失敗する人の典型例。

気にしないことが大事です。

人間関係は一生その関係を維持しなければいけないものではないですし、むしろアップデートされていくべきものです。

もしも、あなたの周りのメンツが全く変わらないまま何年も続いている場合は、それはあなたが成長していないことの裏返し。

プライドが高い理由はただ単に自意識過剰なだけ。それ以外の理由は1つもありません。

要は全て思い込みから来ています。

 

人からどう思われようと関係ありません。

自分の人生なのですから、自分の時間を生きるべきです。自分が自分の良心に従って、やりたいと思うことをやるべきです。また、大抵、人は自分のこと以外に興味がありません。

こんなことで恥をかいたらどうしようとか、

これがもし、全然ウケなかったらどうしようとか、

本当にどうでもいいです。

全ての事象はトライアンドエラーの繰り返し。

とにかくやってみれば、それでいいんです。

やりもせず、グダグダ言うのは卒業しましょう。

 

②隙間を見る、そして改善

人生の中で最も大切なものは何でしょうか。

これには答えがあります。

それは、紛れもなく時間です。

 

じゃあ、この時間という人生で最も大切なものを、僕らは本当に最も大切にして生きていけているでしょうか?

 

残念ながら、答えがNOになる人は多いと思います。この文章を書いている僕もNOです。

でも、これは変えていかなければいけません。

 

時間というものは工夫次第でどれだけでも生まれてきます。単に忙しいと感じるのは、やれと言われた仕事を、何の工夫もせずにやるからです。

 

例えば、仕事のプレゼンが控えている際にどうやって練習時間をとっていくのか?

普通の人は、仕事の空いた時間にやるのが精一杯でしょう。

しかし、自分で一度通しで、行った練習を録音し、それを車の中などで何度も聞き返す。ということをすれば、休憩時間にわざわざ練習をしなくとも、会社と家を往復するうちに自然と覚えられるかもしれません。

 

新しい仕組みを自分の中で作り、どんなに小さなことでも効率化していくのです。

携帯の充電器の移動が手間であれば、充電器を2個買うとか。毎日のシャツやネクタイ選びに時間がかかってしまうなら、もういっそのこと全て白シャツで統一してしまうとかですね。

 

仕事の中での隙間時間をどう使っていくかも考えた方がいいかもしれません。

僕は結構仕事の中での隙間時間が、生まれることが、多いです。

今まではその時間を何もせずにてきとーに休んでいましたが、本音で生きるを読んで、ブログ執筆にしました。今までは、携帯で執筆はかなり面倒だと思ってましたが、それもプラウザを使ってやっているからだと気付き、こうして専用アプリを使ってやっているわけです。

 

③人並外れた行動

ホリエモンが何回も言っていることですが、ホリエモンは200以上のブログを常時みているとのことです。

真新しいアイディアや、知恵などは基本的に自分だけの力では生まれてはこず、たいていの場合は、真新しくみえるものであっても、何かと何かの掛け合わせであったり、もう既に他の地域では当たり前になっていることであったりします。

ブログを見るという誰でもできることを、誰もしてない程にやり続ける。

これが成功の鉄則だとホリエモンは言います。

とりあえず意味もなく消したニュースアプリをまたダウンロードし直しました。(笑)

 

一旦これだけ書き残しておきます。

では、では。

 

小説の映像化を目指す

 

 

 

現在、小説を執筆中である筆者ですが、

来年度にはそれが出版になる予定です。

 

そして、出版だけに留まるのではなく、どうせ一度きりの人生ですから

小説を売ることはもちろん、

それを映像化したいなと思っているわけです。

 

小説の映像化なんて、あんた相当売れっ子じゃないと無理よ!?

 

という声が聞こえてきそうですが、私は現在ずぶの素人です。

 

なので、何か人とは違うこと、違うルートでいかないとなかなか映像化までは踏み切れない気がしています。

 

そこで考えたのが、

あ!そういえば!!俺めっちゃピーピングライフ好きや!!ということです。

 

これとか、男の方の名前が白飯さんという名前なんですが、

白飯さんが何人もの子を口説いていって、

全員に撃沈されていくっていうアニメなんですね。

 

この白飯さんが気持ち悪いのなんのって、本当気持ち悪い(笑)

 

でも、こんな人って結構世の中たくさんいるんだろうなっていう共感なんかもできたりして、なんか人の日常を覗いているようなそんなアニメなんです。

 

ちなみにDVDはこちから↓

 

Peeping Life(ピーピング・ライフ) -The Perfect Edition- [DVD]

新品価格
¥608から
(2017/10/19 10:38時点)

 

現在、僕が出版を予定している

「もしも小説~おっさんサラリーマンの妄想日記~」もこんな感じなんです。

だれかの人生のドラマを少しだけ覗いているような作品。

 

ということで・・・

 

この会社さんに映像化してもらってDVDにならないかな!?

 

なんていう夢を抱いているわけです。すごく勝手に。(笑)

まだ作品自体が世に出てない段階なのですが。早めの計画が大事ですからね。

ということで、どんな会社さんが作っているのか調べました!!!

 

会 社 名 株式会社FOREST Hunting One

設   立 2010年 5月 21日

資 本 金 1,000,000円

本社所在地 〒810-0012 福岡県福岡市中央区白金1丁目2−21 福岡渡辺通第一ビルディング 7F

代   表 森りょういち

従 業 員 数 7名(2017年8月現在)

電   話 092-406-7723

E- m a i l  info@foresthuntingone.com

W  e  b     http://foresthuntingone.com/

 

といような感じの会社さん。

ちなみに代表の方がこちら♪

意外!イケメン!!!

 

思ったよりも大きな組織でやられているわけではないみたいです。

年齢も若く、私とそんなに変わらないと思うので、

これはいち早く連絡をしよう!!

 

自分が作った作品がアニメなんかになったら最高だな~♪

頑張ります!!!

僕ほんまくそ野郎やなと思ってまして・・・

最近人のことをバカにしている時が一番楽しいんです。

 

っていうセリフで始まる漫才でおなじみのかまいたちさん。

 

www.youtube.com

 

もう本当、最高です。

山内さん。なんてちょうど良い嫌な奴なんでしょう。

山内さんだからこそ面白くできる芸だな~とネタを見ながらいつも思っています。

 

こんなことを書くと、

どうせキングオブコントで知ったにわかなんでしょう?

と思われそうですが

キングオブコント優勝で

かまいたちのことを思い出したような感じです。

あれ?こんなおもしろかったっけ?みたいな

 

さて、話は変わりまして…

僕がブログを書いている理由の1つに

アフィリエイトで少しでも稼ぐ!!!

という目的があるんですが、

これがこれが・・・

 

今のところ自己アフィリエイトでしか全く稼いでおりません(笑)

 

ただ、最近。

というか、実際今日ですね。

 

思ったことがありましたのでちょっと書きたいと思います。

 

稼げるようになりたいと思った僕は、Youtubeやネットから情報を拾ってこようとするわけです。

 

すると、ものすごくたくさんの情報が出てくるんですね。

これはこうした方がいい。ということが・・・

ただ、どれもこれも・・・

 

 

全然具体的じゃない。

 

出てるやつカッコよくない。むしろ、きもい。

 

本当に稼いでるのか不安になる喋りの下手さ。

 

そして、続きはメルマガでとか言い出す。

 

しまいには、大衆に向けて何様だろうかという具合に説教しだす。

 

 

 

もう、なんかこんな奴らばっかりですよね。

嫌ですね。

こんな風になるのは。

 

たとえ、稼げるようになれるとしても、

なんか胸をはっていきれるような気がしませんし、

子どもに夢を語れるような大人ではない気がします。

 

僕はこんな風に金持ちにはなりたくない。

 

ということで、とりあえずそういった動画は見ないことを今日決意。

 

かといって、

ここで問題が出てくるわけです。

 

それは、僕自身がまだあまり稼げてないこと。

 

僕自身があまり稼げてないうちは、

どれだけ批判を正論で言っても

ただの弱者の嘆きであり、

負け犬の遠吠えなんですよね。

 

だから、これを超えて

稼げるようになってから、

また同じことを言えるようにしたいと思います。

 

僕は胸をはって生きれる人生にしたい。

胸をはって人を幸せにする仕事だと言えるものをやっていきたい。

 

真っすぐに生きる。必ず。