君の思考は小さくないか~ノルマを抱えるすべての会社員へ~

 

f:id:dgcsr1802:20170913094120j:plain

 

例えば、会社員というものにはノルマがつきものである。

若手の男性会社員であれば、尚更だ。

 

そして、ノルマを与えられたときに、ほとんどの人はこう思う。

 

「あ~こんなにもノルマが・・・達成できるかなあ・・・」

 

目の前に目標が置かれると、そこだけに目が行ってしまう典型的な例だ。

そして、この後。

うまいこと数字があげられる時期か、全然数字があげられない時期が到来する。

 

うまいこと数字があがっている場合はこう思うわけだ。

「よかったあ。ラッキー。さすが俺。これでとりあえず怒られることはないぜ。ボーナスも少し期待できるな。」

 

そして、全然数字があげられない場合はこう思う。

「うわ~全然ダメだな。やばいな。どうしよう。怒られるか?なんて言い訳をしようか。ボーナスも下がるな。会社にも居づらくなる。あ~オフィスに戻りたくない。」

 

どちらも全くもってダメな思考だ。

 

まず、人はうまくいっている時は、なかなか反省しない。そして、向上させようともしない。何故なら、目の前の目標だけをみて、それだけを基準に満足しているからだ。こういったケースは全然ダメである。うまくいっている時こそ、慎重に行くべきであるし、うまくいっている時も自分を見つめなおして、改善ができる人間こそが人よりも上に上がれるのだ。

 

そして、うまくいってない時。

これは、どんどん視野が狭くなっていく。特段の改善を加えるわけでもなく、ただただ気分が落ち込むだけ。それが蔓延して会社の雰囲気、得意先での雰囲気すべてが悪くなる負のループである。

まず、大前提として精神的な反省は全く意味をなさない。

何故なら、そもそも暗い人間に人は惹かれないからである。

だから、精神的な反省ではなく、事実だけを見つめなおし、具体的行動を変えていく必要がある。

ダメなら、何かを変える。勝利の鉄則の1つだ。

どんなに小さなことでも構わない。

挨拶をもっと明るく、大きくいってみる。

スーツをちょっと変えてみる。

ネクタイの色を今までとは変えてみる。

営業に行くのに、営業をしないでただ話すだけにしてみる。

手紙で思いを伝えてみる。

社内でうまくいっている人に真剣にアドバイスをきいてみる。

ネットや本から情報を拾い、新たな知識を取り入れる。

こういったことをしていかない限り、運によって営業成績がある程度上がったり下がったりすることはあっても、実力で安定した数字を上げれるようになるのは不可能だ。

何かうまくいかなければ、必ず今とは違うことをする。

当たり前のようだが、できていない人が非常に多い。

是非やってみてほしい。

 

しかし、何かを変えてみるというのはあくまで社会人としては常識レベルだ。

だから、もっと上の思考も紹介したいと思う。

 

それは大きく考えるということだ。

これは意外とできる人もいるが紹介する。

例えばノルマを与えられた時、そのノルマだけに目がいっている自分がいると思う。

しかし、本当にそれでいいのだろうかと考える。

 

自分の立場から会社に貢献できることは何だろうか?

世界の成功している営業マンに共通していることは何だろうか?

自分が所属する会社の強みはどれだけあるだろうか?

営業をする上で最も大切なのは、本当に数字だろうか?

最も大切な数字はノルマの数字だろうか?

と思考を広げていく。

 

また、こういった広げ方もある。

そもそも何故その会社に入ったのか?

このノルマを達成すること社会に貢献していることだろうか?

自分は何に向かって、今この瞬間を生きているだろうか?

このノルマを達成することは、自分の長い人生の中で本当に意味があることだろうか?

そもそも毎日いきいきと会社に行けているだろうか?

行けてないのであれば、職を移るべきではないだろうか?

自分の本当にやりたいことは何だろうか?

 

とにかく思考を広げると、見えるもの心持ちが変わってくる。

では、では。

20代のうちにやっておきたい24のコト【続編】

f:id:dgcsr1802:20170909005040j:plain

11:2週間の冒険

男4人とかで、2週間海外もしくは、国内の秘境に冒険に出かけたいですね。そのためには休みとお金が必要。まぁでも、今はクラウドファンディングもありますし、これも20代のうちには達成できそうです。楽しそうだ。絶対やります。

 

12:不労所得を毎月50万円つくる

僕の望む生活は不労所得がないと成り立ちません。何としても、このキャッシュは確保したい・・・

まぁ意外とそんなに難しいことでもない気がしています。

1万人を相手にしたサービスであれば、毎月1人50円でOKですからね。

1万人といったら、日本人の1万分の1。

その人たちから毎月50円。

余裕だと思えてきませんか?

 

13:飲食店オーナーになる

どれだけ、いろんな分野に手を出すんだと思われるかもしれませんが、わりと飲食店はやりたいとおもっています。

ただ、飲食業の厳しさは大学生のころから結構目の当たりにしているので、難しいところです。

FCであれば、ある程度の安定はあるかもしれませんが、どうせやるなら自分のお店がいいですね。

 

14:ヨーロッパに行く

何気にヨーロッパは行ったことがありません。

 

15:ギター弾けるようになる

かっこいいー♪

 

16:ピアノ弾けるようになる

かっこいいー♪

 

17:OEMで文房具開発

オリジナル文房具は作ってみたいです。

 

18:OEMで化粧品づくり

化粧水とか自分のこだわりを込めて作ってみたいですね。

 

19:人と人の出会いの場を創造する

街コンとかそういうことではないんですが、人との繋がりが薄くなりがちな世の中ですから、自分がこういったものを作っていけたらと思います。趣味コンとか、飯コンとかそういったものですね。仲間と出会えるような。

 

20:小説を映像化

ピーピングライフを作られている会社さんとコラボすることを目標としております。あんなゆるいアニメをつくりたい。

 

21:ハワイに別荘

これは夢のような話ですが。

そもそも、ハワイに行ったことすらないのですが。まぁ目標です。

 

23:旅館に1週間宿泊

旅館の朝食って本当に美味しいですよね。

 

24:人を雇用する

誰かを雇えるようになったら、本物だと思います。

 

では、では

DMM.com証券

20代のうちにやっておきたい24のコト

どうも♪

ブログを再開しました♪

これがいつまで続くかはわかりませんが、ぼちぼちやっていきたいと思います。

 

また、講演会、コンサルティングの受付も開始しました。

・個人:金融コンサルティング、教育コンサルティング

・企業:金融コンサルティング、教育コンサルティング

・講演会(金融と銀行の裏側、子どもの教育に大切なたった3つのコト)

 

上記の内容でやっておりますので、ご興味のある方はご連絡ください。

 

dgcsr1802@gmail.com

 

f:id:dgcsr1802:20170907132119j:plain

さて、本日は20代のうちにやっておきたい24のコトについて書きたいと思います。

世間でよく言われるのは、20代はその後の人生を左右する最も大切な時期ということですね。

これは合っていると思います。

最も無理ができて、尚且つ発想力なども高い時期が20代です。

なので、そんな貴重な20代という時間の中でどんなことをやっていきたいか書き残しておきたいと思います。

 

1:起業する

3年前の僕が書いた夢の1つがこれでした。これからは本当に終身雇用が破壊され、転職が当たり前になります。そして最終的には会社という存在さえほとんどなくなっていき、個人と個人がその場その場でつながって仕事を行う社会が必ずやってきます。

そんな時代が来る前に、予め自分の力で稼いでいけるようにしなくてはいけません。

起業は絶対に達成しなくてはいけない目標の1つです。

 

2:本でミリオンセラー

本を出版するというのが昔の僕の夢でした。そして、それは叶うことが決定しました。あとはこれをミリオンセラーに育てていくのみです。

もしかしたら、処女作ではなく第2作、第3作がそうなる可能性もありますが、20代のうちに達成したいことの1つですね。

 

3:スカイダイビング

ダイビングといえば、スカイダイビングとスキューバダイビングですね。スキューバの方はもうやったので、あとはスカイダイビングのみです。どんな景色が待っているんでしょうか。

スカイダイビングを日本国内でやろうと思うと時期と場所の制限がかなりあるので、しっかり時間をつくって行きたいです。

 

4:結婚

まだ独身です。なので、結婚はしたいですね。できる、きっとできる。(笑)

 

5:講演会を30回行う

もの好きな方のご連絡お待ちしております。(笑)

 

6:LEXUSに乗る

20代でLEXUS乗っているのはかっこいいですよね。20代の内に乗ります。

 

7:引っ越す

20代の内に必ず引っ越します。

8:ベッドを買い替える

9:柳家に行く

10:星野リゾートのデラックススイート宿泊

・・・

 

残り14個はまた明日書きたいと思います♪

では、では

元銀行員が暴露する銀行の裏側

f:id:dgcsr1802:20170905114433j:plain

僕は大手銀行で働いていました。

今日は、ちょっと気が向いたので、銀行の内部事情について少し書きたいと思います。

 

銀行の各支店の業務というのは、主に

・窓口

・預金

・為替

・外為

・融資

・渉外(法人)

・渉外(個人)

・中央部(次長以上のまとめ役)

この8個にわかれます。

 

支店の大きさによっては、人手不足の為に上記の業務の中で

いくつかの業務を掛け持ちしている人もいますが、

だいたい大きく分けるとこの8個です。

 

この8個の中で、銀行として利益に直結している業務と、利益に直結しない業務があります。

 

これは有名な話ですが

銀行というのは利ザヤで稼いでいます。

利ザヤとは、

お客様に貸付をするときにつける金利(銀行が受け取る金利)から

お客様の預金につける金利(銀行が払う金利)を引いたものです。

 

なので、銀行といえば、貸付で稼いでいるというイメージはだいたいの方がもたれていると思います。

 

しかし、このシステムというのは昨今の銀行で崩壊してきています。

 

理由は紛れもなく

・低金利

・資金需要の低下

この2つです。

 

金利で、1つひとつの貸付に対して見込める利益が減少しており、ひどい場合だと完全に利益は見込めないにも関わらず、他の取引を取り込むことを見込んで貸す場合も生まれてきています。

銀行のノルマの課し方はそれぞれの銀行次第なのですが、

銀行によっては、貸し出す金利は関係なく、

事業性貸出金残高と呼ばれる、ようは

どんだけ低金利でもいいから、とにかく多く貸せ

としているところも多い為、このような現象は進む一方なのです。

 

また資金需要の低下もかなり大きな問題です。

現在、多くの中小企業というのはあまり事業拡大をしていません。

理由は簡単です。

・後継ぎがいないから、事業拡大をしたところで責任が取れない。

・今でも十分儲かっているから、拡大していくことに意義を感じない。

・人手不足。

などなど、事業拡大をしていくためには多くの障壁があるからです。

 

 

このような現象がずっと続いていくと、どういうことが起きてくるでしょうか?

 

当たり前ですが、銀行の儲けは減っていく一方ですよね。

そうすると、銀行は別の方法で稼ごうとするわけです。

 

しかし、銀行はある程度公的な機関である為、利益を伸ばしていけるような業務とそうではない業務が混在しています。例えば、為替取引です。

為替取引手数料というのは、貸出金からの金利の次に、銀行の利益に貢献している分野になります。しかし、これについては営業も何もそんなにありません。基本的には取引をしてもらっている企業が、振込が必要であれば振込を行う。そして、手数料をいただく。それだけです。

そして、銀行と取引を持っている企業というのは、基本的にかなり多くの取引項目を1つの銀行で持っています。その方がお互いにとって結構有利だからです。

そうすると、銀行という業界の中での新規取引の流動性は下がります。

つまり、どの銀行も為替手数料を多く取っていくために営業をしても無駄であり、どの銀行もそれがわかっている為にあまりそういったノルマは現在課されていません。

 

じゃあその他に銀行が稼ぐ方法はあるのでしょうか?

 

これが、あります!!!!

 

そうです。それが、投資型商品手数料と呼ばれるもの。

 

これは、名前の通り

投資型商品(投資信託、外貨預金、仕組債、保険等)

を販売したときに、入る手数料です。

 

そして、儲けられなくなってきている銀行はここに全力で力を入れています。

 

じゃあ、投資型商品を売ったら、どれくらいの手数料が入るの?

と思うと思います。

 

これは、商品によって違うんです。

各商品には手数料率というものが設定されています。

これは、1%程度のものもあれば、10%以上のものもあります。

銀行員はより多くの手数料を稼ぐために、手数料率が高い商品を積極的に売っていきます。

 

その結果、手数料の高いものばかりを

無理やり理屈をつけて売っている銀行員が世にあふれているわけです。

 

だから、世の中では

「銀行員が勧めてくる商品絶対に買ってはいけない

と言われています。

 

しかし、これは半分正解でもあり、半分不正解でもあります。

 

……

 

これ以上書くと、とても長くなってしまうのでここで一旦終わります。(笑)

 

実際に銀行の内情というのは、銀行内にいないとわからないことばかりであり、それを知っているか知らないかで、銀行との付き合い方は大きく変わってきます。

知っていれば全く損はしなかったのに、

知らなかったが故に勧められた投資型商品をなんとなくでそのまま買ってしまい、運用が失敗し、何千万の損失が出てしまったということも全国で何件も起きています。

 

もしも、銀行との付き合い方や資産運用などについて

ご相談等ありましたら

dgcsr1802@gmail.com

こちらまで連絡してください。

元銀行員の立場から、無料で真摯に対応させていただきます。

 

また、講演会などについても対応しています。

もし、「運用セミナー」など開催される予定の方がいましたら、上記のアドレスから僕に声をかけていただけると嬉しいです。

元銀行員の立場から、さまざまな知識をお伝えします。

これもまた無料で対応させていただきます。ただ、交通費だけはせめていただきたいです・・・

 

では、では!!!

たたき台原稿の完成です!!!

f:id:dgcsr1802:20170905105130j:plain

お久しぶりです!!!

 

とりあえず、

「もしも小説~おっさんの妄想日記~」

たたき台原稿が完成しました!!

やっぱり働きながら、いろんなことをしながらの執筆は大変ですね。

ビジネス書ならまだしも、

小説なので、すべて0から生み出していきます。

正解もなければ不正解もありません。

想像よりも大変な創造でした。

 

ここからは出版社の担当の方に編集をしていただいて

一緒につくりあげていきます。

 

今までの世に出ている小説とは全く違う世界観で展開していきます。

きっと世のおっさんが読んだら

笑っちゃうけど、どこか共感できるような作品に

世の女性が読んだら

笑っちゃうけど、めちゃくちゃ気持ち悪い作品に

 

出来上がると思います。

 

 

おっさんの妄想日記なんておそらく世の中に出ていないですよね。

少なくとも、僕はみたことがありません。

 

とりあえず作品として

とにかくおもしろいものを作る。

 

そしたら、あとは届けるだけです。

 

おっさんの妄想を必ずたくさんの人に届けきりますよ(笑)

 

何かの縁でこのブログを見ていただいた方は、おそらく冬過ぎに出版になりますのでそれまでぜひ楽しみにしていてください!!

では、では♪♪

今、岐阜で最もあついクラウドファンディングをご紹介!!!

本日は、今、巷で話題のクラウドファンディングについてご紹介!!!

 

現在、岐阜で最もあついクラウドファンディングこちらです!!!

camp-fire.jp

世のサラリーマンを元気にするための小説を出版したいとのクラウドファンディング!!

とてもおもしろい発想ですし、世の為にもなるな~と思いますが、

何故か支援が全く集まっておりません。(笑)

 

やはり、リターンの弱さかな・・・?

 

まぁ、いずれにしても、世のサラリーマンの方々!!

自分と同じ、いつ会社に行くにも暗い顔をして出社している全国のサラリーマンたちを少しでも笑顔にしてみませんか?

これも1つの社会貢献みたいなものですね。

 

僕は一緒に旅に出るというリターンに応募するかどうか迷っております(笑)

では、では!!!

 

しばらく休んでおりました

何事もずっと続けるのは、とても難しいですね。

「とにかく毎日書き続けるぞ」

と決意し、2週間が経つころには、ずいぶんと億劫になり、

1ヶ月が経つころには、気にもしていませんでした。

 

そして、約1年が経った今、やっと再開いたします!!

 

とりあえず、書き続けるのは、自分にとってプラスであるのは変わりないので、

やっていこうと思います。

 

何をとっても、遠回りな僕でした。